Dynamics 365 Business Centralのセッション管理について(Session)

Dynamics 365 Business Central

皆様、こんにちは!
今回はBusiness Centralのセッション管理についてお話ししましょう。
セッションはBusiness Centralにおいて、接続 (ログイン)してから、切断 (ログオフ)するまでの、一連の操作や通信のことです。ユーザーがBusiness Centralにログインすると、必ずセッションレコードが生成されます。
昔のブログでBusiness CentralのAdmin Centerについて紹介したことがありまして、「Manage sessions」機能を利用すると、セッションを管理することができますが(deadlocksを解消)、Admin Centerにアクセスするため、現段階ではMicrosoft 365管理センターの全体管理者(Global admin)の役割が必要となります。
Admin Centerについては下記をご参考ください。
Dynamics 365 Business Central Admin Center (SaaSの管理センター)について

それでは、権限を持ってない管理者はどうやってセッションを管理するのでしょうか?実はBusiness Centralにありませんが、以前のバージョン(NAV時代)にはSession Listというページがあります。

Business Centralにもこのテーブルがあり、テーブルIDはNAVと一致しています。
?table=2000000110 : Action Sesstion
Dynamics 365 Business Centralでオブジェクトを直接開く方法について

上記の方法で開いているテーブルでセッションを直接管理することはできませんので(read only)、ここで、新しいセッションページを作成してみましょう。
概要設計:
セッションページを新規作成
セッションキャンセルアクションを追加
権限制御

コーディン開始:
プロジェクトを新規作成

セッションページを新規作成

セッションキャンセルアクションの追加
およびユーザーの管理者だけがセッションをキャンセルできるように。(時間がある場合は、table 91 “User Setup”にフィールドを追加して、権限を制御したほうがよい)

パブリッシュして、確認してみましょう。
アクションが追加されました。

「Cancel Session」クリックします。
Super権限あり

Super権限なし

はい、今日はここまでです。いつもありがとうございます。問題がございましたら、いつでもご連絡ください。
今回のソースコードもGitHubをご参考ください。
https://github.com/yzhums/SessionList

以上


コメント

タイトルとURLをコピーしました