Microsoft Dynamics 365とは?概要や機能を簡単解説

Dynamics 365

最近よく聞くようになった「Microsoft Dynamics 365」はいったい何?という質問を持っている方がいるようです。このブログを読めば、今までバラバラな情報を見ても理解できなかったDynamics 365の概要をすっきりわかるはずです。ぜひご参考にしてください。
※このブログの情報源はMicrosoftのホームページとドキュメントです。

Microsoft Dynamics 365とは

まずはMSの公式サイトの説明を見てみましょう。Microsoft Dynamics 365 は、企業の成長、進化、変革を支援するインテリジェントな次世代ビジネス アプリケーションです。これらのアプリケーションは、CRM と ERP の機能を統合したもので、特定のビジネス機能を管理できるように、シームレスに連携する新しい目的別のアプリケーションを提供します。テクノロジを利用することで、お客様との関係強化、従業員の能力向上、業務の最適化、製品やビジネス モデルの改革など、企業は適応力を向上させ成長することができます。Microsoft Dynamics 365 は、お客様の変化するニーズに対応し、将来の新規ビジネス チャンスを獲得できるようにデジタル改革を促進します。
参照元 <https://www.microsoft.com/ja-jp/licensing/product-licensing/dynamics365>

一言でまとめるとMicrosoft Dynamics 365 は次世代のCRMおよびERPアプリケーションです。まずこれを念頭に置きましょう。それでは具体的な機能が何かありますか。実はDynamics 365はお客様のニーズに対応する複数のアプリケーションから構成されます。SaaS化されたため、任意のデバイスで、どこでも使用可能です。または既にOffice 365を使っている会社にはDynamics 365とOffice 365の二つアプリケーションを利用することをお勧めします。その理由は二つあります。

  1. Dynamics 365のログインID、ユーザーインターフェースの統一:Dynamics 365のアプリケーションは全部異なる製品でありながら、一つのポータル画面から同じIDでログイン可能です。
  2. プリケーション間のシームレスな連携です:Dynamics 365は別々のアプリケーションでありながら、業務では密接に関連しています。例えばOutlookから得意先情報を参照したり、Excelから仕訳帳の内容を直接に修正したり、請求書明細をExcelにおとしたり、Salesからの見積書が承認されたら自動的にERPの受注書を作成したりなど様々なシーンでシームレスな連携を実現できます。

それではDynamics 365のホームページから各アプリケーションの概要を見てみましょう。
Dynamics 365ホームページ
アプリケーションリスト(2020年8月現在):
・Dynamics 365 SalesDynamics 365 Customer Service
・Dynamics 365 Field Service
・Dynamics 365 Human Resources
・Dynamics 365 Finance
・Dynamics 365 Supply Chain Management
・Dynamics 365 Commerce
・Dynamics 365 Project Service Automation
・Dynamics 365 Marketing
・Dynamics 365 Customer Data Platform
・Dynamics 365 Artificial Intelligence
・Dynamics 365 Mixed Reality
・Dynamics 365 Business Central

Dynamics 365 Sales (CRM/営業支援)

Dynamics 365 Sales により、営業担当者は顧客との強い関係を構築し、洞察に基づいて行動し、営業をより迅速に完了することができます。 Dynamics 365 Sales を使用して取引先企業や取引先担当者を追跡し、潜在顧客から受注まで売上を伸ばし、セールス担保を作成します。 また、マーケティング リストやキャンペーンを作成したり、特定の取引先企業または営業案件に関連するサービス サポート案件をフォローすることもできます。
参照元 <https://docs.microsoft.com/ja-jp/dynamics365/sales-enterprise/overview>

Microsoft公式サイト:概要デモガイド付きツアー

Dynamics 365 Customer Service (カスタマーサービス)

Customer Service アプリに最適な顧客満足度に焦点を当てて、優れた顧客関係を構築します。 Customer Service は、組織が顧客に提供するサービスの管理に使用できる多くの機能やツールを提供します。
Dynamics 365 Customer Service の用途:

  • ・サポート案件による顧客の問題を追跡します。
  • ・サポート案件に関連するすべてのやり取りを記録します。
  • ・サポート情報内で情報を共有します。
  • ・キューを作成し、サポート案件を適切なチャネルにルーティングします。
  • ・サービスレベルアグリーメント (SLAs) により、サービス レベル を作成して追跡します。
  • ・権利により、サービス条件を定義します。
  • ・レポートおよびダッシュボードにより、成果および生産性を管理します。
  • ・サービスの作成とスケジュール設定を行います。

参照元 <https://docs.microsoft.com/ja-jp/dynamics365/customer-service/overview>

Microsoft公式サイト:概要デモガイド付きツアー

Dynamics 365 Field Service (フィールドサービス)

Dynamics 365 Field Service ビジネス アプリケーションは、組織がオンサイトサービスを客先の拠点で提供するのに役立ちます。 このアプリケーションは、オンサイトで顧客の問題を解決する場合に外回りの従業員がうまくいくよう、ワークフロー自動化、スケジュール設定アルゴリズム、およびモバイル機能を組み合わせています。Field Service アプリケーションにより、次のことが可能になります:

  • ・最初の修正率の向上
  • ・1週間に1人の技術者が完了できるサービス呼び出しの増加
  • ・フォローアップ作業の管理およびアップセルと抱き合わせ販売の営業案件の利用
  • ・移動時間、距離、および車両の消耗の削減
  • ・顧客の問題の解決の整理および追跡
  • ・正しい到着時刻を顧客に連絡
  • ・フィールド技術者への正しい取引先企業および備品の履歴の提供
  • ・サービス呼び出しの状態およびいつ解決するかの最新情報を顧客に提供
  • ・オンサイト訪問のスケジュールを顧客の都合の良い時間に設定
  • ・予防メンテナンスによる備品のダウンタイムの防止

参照元 <https://docs.microsoft.com/ja-jp/dynamics365/field-service/overview>

Microsoft公式サイト:概要デモガイド付きツアー

Dynamics 365 Human Resources (旧Talent、人材管理)

Dynamics 365 Human Resources は、企業が従業員に権限を与え、従業員とかかわり、最新の福利厚生パッケージを提供し、コンプライアンスを維持するのに役立ちます。 パフォーマンス、休暇と欠勤、給与計算の統合など、包括的な人事管理ソリューションを提供します。 セルフサービス プログラムは、HR の専門家と従業員が休暇と福利厚生を管理するのに役立ちます。 Human Resources は、人と運用データを結び付けて、人件費を最適化し、従業員をより適切に管理できるようにします。
参照元 <https://docs.microsoft.com/ja-jp/dynamics365-release-plan/2020wave1/dynamics365-human-resources/>

Microsoft公式サイト:概要デモ

Dynamics 365 Finance(旧FOの一部、エンタープライズ向けERP)

Dynamics 365 for Finance and OperationsはDynamics AXの機能を引き継いだマルチデバイスで使用できるクラウド対応統合ERPソリューションです。Dynamics 365 Financeは、旧Dynamics 365 for FOの会計機能です。主要機能一覧:

  • ・買掛金勘定
  • ・売掛金勘定
  • ・予算作成
  • ・現金および銀行管理
  • ・原価会計
  • ・経費管理
  • ・財務諸表
  • ・固定資産
  • ・総勘定元帳と財務諸表
  • ・プロジェクト管理および会計
  • ・公的機関

Microsoft公式サイト:概要デモガイド付きツアー

Dynamics 365 Supply Chain Management(旧FOの一部、エンタープライズ向けERP)

旧Dynamics 365 for FOのSCM機能です。主要機能一覧:

  • ・資産管理
  • ・原価会計
  • ・原価管理
  • ・在庫管理
  • ・IoT インテリジェンス
  • ・マスター プラン
  • ・調達
  • ・製品情報管理
  • ・生産管理
  • ・販売とマーケティング
  • ・サービス管理
  • ・輸送管理
  • ・倉庫管理

Microsoft公式サイト:概要デモ

Dynamics 365 Commerce (旧Retail、流通/小売)

Dynamics 365 Commerce: 実績のある Dynamics 365 Retail 機能に基づいて構築。バックオフィス、店舗、コール センター、デジタル経験を統合する包括的なオムニチャネル ソリューションを提供します。 Dynamics 365 Commerce では、カスタマイズされた顧客契約を通じてブランド ロイヤルティの構築、従業員の生産性向上に伴う収益の増加、コストの削減とサプライ チェーンの効率性の向上を実現しており、それによって優れたビジネス上の成果を生み出します。
参照元 <https://docs.microsoft.com/ja-jp/dynamics365/commerce/>

Microsoft公式サイト:概要

Dynamics 365 Project Service Automation (プロジェクトサービス)

Project Service Automation (PSA) アプリケーションは、最初の営業から請求まで組織がプロジェクトベース サービスを効率的に追跡、管理、および提供するのに役立ちます。 アプリでは、以下が可能です。

  • ・プロジェクトの計画、および見積もりと作業のスケジュールの作成
  • ・プロジェクトコストと売上の見積もりと追跡
  • ・パイプライン内のプロジェクトのリソース要件の予測
  • ・プロジェクトの進捗状況とコスト消費の追跡
  • ・プロジェクトの見積もり、価格設定、および請求の管理
  • ・リソースの割り当てと管理
  • ・正常なプロジェクトの主要業績評価指標を監視するためのレポートおよび対話型ダッシュボードの使用
  • …など

参照元 <https://docs.microsoft.com/ja-jp/dynamics365/project-service/overview>

Microsoft公式サイト:概要

Dynamics 365 Marketing (マーケティング)

Dynamics 365 Marketing は、見込顧客を取引関係に変換するのに役立つマーケティング自動化アプリケーションです。 このアプリは、使いやすく、Dynamics 365 Sales とシームレスに連携し、ビジネス インテリジェンスが組み込まれています。 Dynamics 365 Marketing は次をおこなうために使用します。

  • ・マーケティングイニシアチブをサポートするグラフィカル メール メッセージとオンライン コンテンツを作成する
  • ・対話型の顧客体験を設計し、個人設定されたエクスペリエンスでリードを育成する
  • ・LinkedInのビジネス見込み顧客と接触する
  • ・チーム間で情報を共有する
  • ・リードについてよりよく理解する
  • ・イベントを整理して公開する
  • ・マーケティング投資収益率(MROI) を分析して文書化する
  • ・業績向上のためにリードの優先順位を決める
  • ・調査結果をさらにアクション可能にする
  • ・アプリケーションを構成して拡張する

参照元 <https://docs.microsoft.com/ja-jp/dynamics365/marketing/overview>

Microsoft公式サイト:概要ガイド付きツアー

Dynamics 365 Customer Data Platform (カスタマーデータプラットフォーム)

マーケティングテクノロジーの次のステップとして広く認識されているカスタマーデータプラットフォーム(CDP)は、切断されたカスタマーデータシステムの問題に対するソリューションです。 CDPは、適切なタイミングで適切な担当者に適切なエンゲージメントを提供し、マーケティングから販売、サービスに至るすべての顧客タッチポイントをパーソナライズするための鍵です。

Customer Insights

Dynamics 365 Customer Insights は、顧客に対する理解を深めるのに役立ちます。 さまざまなトランザクション、行動、および観測ソースからのデータを接続して、360 度の顧客ビューを作成します。 これらのインサイトを使用して、顧客中心のエクスペリエンスとプロセスを推進します。Customer Insights を使用すると、すべての組織が顧客データを統合して理解し、インテリジェントなインサイトとアクションを実現できます。
参照元 <https://docs.microsoft.com/ja-jp/dynamics365/ai/customer-insights/overview>

Microsoft公式サイト:概要ガイド付きツアー

Customer Voice

Dynamics 365 Customer Voice は、お客様フィードバックを管理するソリューションです。

  • ・フィードバックをすぐに取得する
  • ・データを統合してより深いインサイトを得る
  • ・リアルタイムのフィードバックに基づいて行動する

参照元 <https://dynamics.microsoft.com/ja-jp/customer-voice/overview/>

Microsoft公式サイト:概要デモ

Product Insights (Preview)

Dynamics 365 Product Insights を使用すると、組織は顧客の使用状況とエクスペリエンスに関するリアルタイムの分析情報に基づいてアクションを実行して、製品開発、マーケティング、営業、サポートを変革することができます。 組織は数分で簡単に製品やサービスからシグナルを収集し、業界や戦略に合わせたアクション可能な分析情報を取得できます。
Product Insights は、製品関連のビジネス プロセスを、従来の “売りっぱなし” モデルでの手動の顧客フィードバックから駆動される低速な事後対応型のプロセスから、自動化された製品自体からの観測データを利用した高速な事前対応型のプロセスへと変えます。 製品開発チームは、簡単に Product Insights を使用してデータに基づく意思決定を行い、ビジネスを成長させることができます。
参照元 <https://docs.microsoft.com/ja-jp/dynamics365-release-plan/2019wave2/artificial-intelligence/dynamics365-product-insights/>

Microsoft公式サイト:概要デモ

Dynamics 365 Artificial Intelligence (人工知能)

専門知識に関係なく AI で組織にデジタル変革への道を切り開きます。目的が 1 つのプロセスを加速することでも、業界全体を揺さぶることでも、AI を使いやすくしてビジネス全体で活用すれば実現できます。Dynamics 365 AI ですべてのグループが自由に問題を解決し、インテリジェント ツールの助けを借りて自分で意思決定を行うことができます。
参照元 <https://dynamics.microsoft.com/ja-jp/ai/overview/>

Microsoft公式サイト:概要

Dynamics 365 Mixed Reality (Dynamics 365 Guides、複合現実)

Microsoft Dynamics 365 Guides は、Microsoft HoloLens 用の Mixed Reality アプリケーションであり、必要なときに必要な場所でホログラフィック指示を提供することで、オペレーターは作業の流れを学ぶことができます。 これらの指示カードは、作業が必要な場所に視覚的に点線でつながれており、画像、ビデオ、3D ホログラフィック モデルを含めることができます。 オペレーターに、どこで何を行う必要があるのかを示します。 これにより、仕事がより早く完了し、間違いが減り、よりスキルが定着します。
参照元 <https://docs.microsoft.com/ja-jp/dynamics365/mixed-reality/guides/>

Microsoft公式サイト:概要デモ

Dynamics 365 Business Central (旧NAV、中小企業向けERP)

Dynamics 365 Business Centralは、ビジネスプロセスを自動化・合理化し、ビジネスの管理を支援する中堅・中小企業向けのビジネスソリューションです。高い適応性と豊富な機能を備えたBusiness Centralは、購買、販売、会計、在庫、プロジェクト管理、製造、サービスなど、企業のビジネス管理を可能にします。企業は、事業地域に関連した機能を簡単に追加することができ、専門性の高い業界にも対応できるようにカスタマイズすることができます。
参照元 <https://docs.microsoft.com/ja-jp/dynamics365/business-central/>

Microsoft公式サイト:概要ガイド付きツアー

まとめ

ここまで「Microsoft Dynamics 365とは何か」についてMSの公式資料をまとめて紹介しました。筆者はDynamics 365 Business Central専門なので、次のブログからBusiness Centralの情報をメインに共有します、ご興味をお持ち方は引き続きご覧ください。
最後、ここからもっとDynamics 365を勉強したい方には下記の「Microsoft Dynamics 365ドキュメント」と「Dynamics 365自習書シリーズ」をお勧めします。
Microsoft Dynamics 365ドキュメント
Dynamics 365自習書シリーズ

追記:

Dynamics 365 Ecosystem Map October 2020

コメント

タイトルとURLをコピーしました