Dynamics 365 Business Centralミニtips – 分析項目 – 複数 (Dimensions-Multiple)

Dynamics 365 Business Central

皆様、こんにちは!
Business Centralでは分析項目 (Dimensions)をマスターデータに設定して、分析項目別財務分析することができます。例えば得意先マスター、仕入先マスター、品目マスター、勘定科目などに。
そして一つずつ設定することが普通です。実は利便性のため、Business Centralでは複数の項目に同時に分析項目 (Dimensions)を設定することが可能です。案外知らない人が多いみたいですので、今回のブログで簡単に紹介いたします。
例として:
“Items” pageを開きます。

複数行を選択したまま、”Actions -> Item -> Dimensions -> Dimensions-Multiple”をクリックします。

“Default Dimensions-Multiple”ページで”New”をクリックします。

分析項目 (Dimensions)を追加して、”OK”をクリックします。

“Dimension-Single”で個別に確認してみます。

分析項目 (Dimensions)が設定されました。

構成パッケージを利用して、分析項目を導入することもできますが、画面上から複数行の分析項目 (Dimensions)を追加した方が格段に便利になるでしょう。

追記:
得意先、仕入先、勘定科目などでもこの機能をもっています。ぜひお試しください。

以上
お読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました